忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Impression -No.2-

普段は一日のほとんどを仕事に費やしてるワケでして。
ましてや住んでるのが都内は山手通り付近でして、当然買い物に行くにも遊びに行くにも自分のクルマよりもバスやタクシーの方が俄然便利な状況なため、生活のToolとしてのクルマという選択肢はほとんどありません。
あっ、冬場はスノボーをやるため、スキー場までの移動手段としては車を使うのと、後はたまぁ~に内緒で会社に乗って行くくらいでしょうか(ウチの会社は車通勤禁止なのであくまで内緒。)
そのため、クルマに乗るのは以下のような時になります。
・ストレス解消に夜中/明け方に首都高を廻る(ストレス状態により速度UP)。
・休みにうっかり早起きしてしまった時に、高速で行けるところまで行く(基本、目的地は決めない。ここでも普段のストレス状態によってアクセル開度UP)
・長期地方出張の際に出張場所まで(地方によっては車がないと映画も観に行けない状況になる恐れがあったりするので。但し、これもあくまで会社には内緒で)

そんな環境の中、約7000mile(約11200km)ほど実際に乗ってみてのDodge Ramの感想。
 

 

 


先ずね、トラックということである程度の乗り心地の硬さは覚悟してたんだけどね、
実際に乗ってみると、国産の並みの普通車よか良いんじゃないか?!と思いますよ、乗り心地が。
ちょっと前のアメ車のようなフワフワした柔らかさでもなくトラック特有の硬さでもなく、自分的には程よい感じ。
09 Ramから、それまでリーフスプリングだったサスペンションがコイルスプリングに変更されてるんですけども、、そのあたりのところが関係しているのかも知れません。
普段は夜の首都高をテキトーに流していることが多いんですけど、
継ぎ目の段差を越える際のショックもほとんど気にならないレベルだし、ちょっとオーバースピード気味でコーナーに入っていってもあんまり怖さはない。
昔乗ってたTypoonなんかは、ちょっと轍に乗るとどっか飛んでいっちゃうんじゃないかという恐怖心と常に戦ってた気がしますけど、Ramに限っては今のところそんな怖さも無く。
これまた以前乗っていたアストロは、かなり柔らかい足回りだったためオーバースピードでコーナーに進入していくと、「倒れるんじゃないか」といった恐怖心があったりしてましたが、
Ramに限っては、今のところ普通に乗ってる分には不満はほとんどないかなと思いますデス。
それにある程度ロールしないと曲がらないんと思うんでね。あくまで普通に乗ってる分には許容出来る範囲ってことですけども。

もちろん不満もあるワケで、ホイールベースが4m近くあるもんでそれが影響してるのかはイマイチ不明ですけど、タイトコーナーは苦手としてるようです。
コーナー入り口でしっかりフロント加重にしてても曲がりきりません。
んで、アンダーから急にオーバーへと変わりやがります。こっちの運転がヘタなだけかもしれませんが。
首都高でいうと新宿線代々木PKんところのS時とか、環状線外回りの汐留~銀座~江戸橋JCTあたりは結構苦手としているようで、ここが楽しく走れるようになりたいものです。


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Profile

HN:
dai@13
性別:
男性
自己紹介:
都内の環七通り近くに住む、普段は金融系のNWシステムなんぞ構築してたりしてるアラフォー会社員です。・・・ですが、毎年延べで半年近くは出張で地方へ行っておりまして、あまり都内には生息しておりません。
偶然街で見つけたアメ車等もUPしてますが、不快に思ったオーナーさんは遠慮なく削除依頼お申し付け下さいませ。

最新記事

(03/01)
(02/08)
(01/31)
(01/28)
(01/25)

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

忍者アナライズ

最新CM

[10/15 dai@13]
[10/04 らむ]
[07/12 dai@13]
[07/05 jeep srt8マン]
[08/01 dai@13]

最新TB